台湾の留学
留学先を決める
留学の準備
申請書類のリスト
留学の手続き
エージェントの利用法
台湾の言語
クラス・授業
評判の良い大学
大学のレベル
台湾留学の魅力
台湾への学位留学
国際学生証とは
HSK試験の受験は?
説明会&フェアに行こう!
お金・航空券・ビザ
留学の費用
台湾の奨学金
パスポートの手続き
台湾で使うお金
航空券
携帯する持ち物リスト
台湾ビザの基礎知識
どんな時に健康診断書は必要?
留学の保険
両替と送金
格安留学いろいろな方法
受けておいた方がいい予防接種は?
台湾の生活
台湾基本情報
生活情報
学生寮とホームステイ
インターネット事情
ワーキング・ホリデーのすすめ
交通事情
もしも病気をしたら?
留学をサポートする大学オフィス
台湾で薬膳体験
中国留学における中国語短期集中クラス、ビジネス研修などの情報
Facebook
メルマガ登録
海外就職の情報、中国情報など、中国語を学んでいる方と中国マニアにおくるメールマガジン。
カウンセリング予約
海外留学やインターンシップのアドバイス。お気軽にご相談ください。
メインイメージ 台湾のお金

携帯すべき持ち物チェックリスト

ホーム留学情報局 > 携帯すべき持ち物チェックリスト

これで留学準備OK! 持っていく物のリストを作成しよう

留学生活は海外旅行と違い長丁場。生活インフラが整っている台湾では消耗品を中心に現地で調達できるものが多く、 価格も安いですが、それでも日本から持って行った方がよい必需品もあります。 ここでは、台湾留学への準備としてどんな持ち物があるかをリストアップしていきましょう。

日本から持参すると便利な持ち物

学用品

電子辞書
語学学習の必須の持ち物です。ただし紛失しないようににご注意を。
筆記用具
日本製は質が高い&使い慣れたものがよい
お気に入り教材
文法などが日本語で解説された本があると助かります

生活用品

化粧品
使い慣れたものが安心
日焼け止めクリーム
台湾は日差しがきついです
コンタクトレンズ
意外とわすれやすいのがコンタクトレンズです。
裁縫道具
コンパクトサイズでOK
折り畳み傘
日本製は丈夫でコンパクトなものが多い。
耳かき・爪切りなど
お手入れグッズ
自分に合ったものを用意しましょう

水着
現地でも購入できますが、持参すれば買う手間を省けて節約にもなります
生理用品
特にタンポンは必須品です。
常備薬
普段使っているものを持参しましょう

電子機器

スマホ


SIMフリー端末なら、現地の安価なプリペイドSIMカードを使って自由にネットが使えます。
データ回線のみや電話番号付きのSIMカードが販売されていますので、 使用頻度によって選択しましょう。また、日本でポケットWi-Fiルータをレンタルしたり購入したりする方法もあります。
充電器


海外だと電池の消耗が激しい場合もあります。
万が一、スマホやケータイの充電器が使用できなくなった時などのために、日本の携帯会社の現地サポートサービスをご紹介しておきましょう。
<ドコモの台北サポート拠点>
ドコモ サービスデスク台北
住所 台北市中山北路二段56号 1F(JTB内)
営業時間 AM9:00~PM17:30 年中無休
業務内容 無料充電サービス、海外での利用・操作説明、各種問い合わせ

※上記JTB内にはauのサポートデスクもあり、充電器無料貸出サービスを行っています。
(対応機種:auスマートフォン、auケータイ)

ファーイーストーン テレコミュニケーションズ ビイーショー店
住所 台北市信義区松寿路20号
営業時間 日~木 AM11:00~PM11:00、
金・土 AM11:00~PM12:00、年中無休
業務内容 無料充電サービス
H.I.S台北支店
住所 台北市南京東路二段69号 10F
営業時間 AM9:00~PM18:00 年中無休
業務内容 充電器無料貸出サービス
パソコン
長期滞在の場合はあると便利
デジタルカメラ
スマホで代用も可
延長コードやタップ
充電機器をたくさんお持ちの方には必須。

※なお、台湾の電圧やコンセントプラグの形状は日本とほぼ同じで、ほとんどの日本の電気製品は台湾でそのまま使えると考えていいでしょう。

貴重品
その他

航空機の手荷物について

就航都市が多く便数も豊富な台湾系航空会社のチャイナエアラインによると、 エコノミークラスで預け入れることのできる手荷物(受託手荷物)は、合計重量20kgまでが無料となっています。

また、機内持ち込みの手荷物は原則一人一個。W23cm×H36cm×D56cm以内、重さ7kg以内の荷物を一つ持ち込むことができます。

預け入れも機内持ち込みもできない危険物

以下のリストは、機内に持ち込めない物です。出発前に持ち物の中にないか確認しておきましょう。

なお、桃園国際空港など一部の空港では、受託手荷物のセキュリティー検査をチェックイン後に行うシステムを採用しています。

そのため受託手荷物の中に航空輸送禁止品(可燃物などの危険物)が入っている場合は任意放棄を求められることもありますのでご注意ください。